世界連邦運動について

世界各国の科学者、政治家の支持を得て発展

第二次世界大戦後に結成

世界連邦運動は、第二次世界大戦後、世界各国の科学者、政治家の支持を得て急速に発展しました。1947年、各国の世界連邦運動団体の国際組織として「世界連邦運動(WFM)」<本部ニューヨーク>が結成されました。現在、WFMは24の国と地域の加盟団体によって構成されています。


WFMは国連経済社会理事会諮問 NGO カテゴリーII として国連に対して意見や助言を行っています 。

加盟国

●湯川秀樹氏が第5代会長に就任

日本からはノーベル物理学賞受賞者湯川秀樹氏が、第5代会長に就任しています。